トマト銀行での融資における必要書類について

0
    岡山県にはトマト銀行という地方銀行が有ります。
    トマト銀行には、「トマト・フリーローン」と言うキャッシング商品が有ります。
    このキャッシング商品は、事業性資金としては利用する事が出来ませんが、それ以外の目的であれば原則自由にキャッシングを利用する事が可能になる商品です。
    トマト銀行の、このキャッシング商品を利用することが可能な人は、申し込みの年齢が満20歳以上であり、完済時の年齢が70歳の人が対象としています。

    また、安定した収入がある事が条件となっており、これ以外にも、住まいや勤務先が、トマト銀行の営業範囲の中にある事が前提としてあります。
    このキャッシング商品は、保証人を不要としていますので、保証会社の保証を受けれる人が条件となります。
    条件を満たしているか否かは、必要書類にて審査が行われることになります。
    そのため、サラリーマンなどの人の場合ですと、必要書類は前年度の源泉徴収票や間近の給料明細などが必要となります。
    また、人によっては所得証明書といった必要書類が必要になる事もあります。
    これ以外にも、身分を証明できる運転免許証やパスポート、もしくは健康保険証などの写しなどの必要書類を用意しておくことが大切です。

    50万円を借りたい場合使いたいローン

    0
      お金を借りたい場合に、通常は、ローンを使います。
      ローンの場合には、50万円から始まって上限で
      500万円程度になっています。
      ローンは、銀行もしくは消費者金融を使うことになりますが、
      50万円程度であれば、特に問題がなければ
      すぐに審査が通ります。

      ただし、安定した収入がない場合には、
      借りることができない場合が多くなります。
      たとえば、アルバイトやパート、学生はよくても、
      専業主婦の場合には借りられない場合が多くなります。

      また、金利というものは、借入額に反比例するので、
      50万円という低い借入額では、
      通常、金利は高めに設定されることになります。

      銀行と消費者金融で、金利の違いは、
      新貸金業法が施行されてから
      というもの、それほど違いがなくなっています。
      中には、銀行よりも消費者金融の方が
      金利が安いところも出てきています。

      一方、銀行も、新貸金業法以前のように、
      消費者金融は審査がはやく、
      銀行は遅いという流れが変わりつつあります。
      現在では、銀行の中には、
      審査が即日の場合も出てきているので、
      早めに必要な場合には即日融資を使うとよいでしょう。

      また、必要書類としては、運転免許証または
      健康保険証が必要となります。
      借りたい金額が50万円程度であれば、
      収入証明書は通常は不要です。

      携帯電話でキャッシングが出来るかの確認

      0
        お金を借りる方法として、
        色々な手続きがあると話をしました。
        そして、携帯電話からでもキャッシングを
        することが出来るのですが、
        一体どういった手続きすれば良いのでしょうか。

        銀行やクレジットカード会社や消費者金融会社など、
        さまざまなところでお金を借りることが出来ますね。
        その中でも、対応をしている会社を探さなくてはいけません。
        色々な手続き方法がありますが、
        この手続きは対応をしているが、
        あの手続きは対応をしていないなど、
        会社によってもばらつきがあるんです。

        もし、外出先からお金を借りるための申し込みをするとか、
        人に知られないように申し込みをしたいと考える時には、
        自分が利用が出来る会社はどこなのか。
        あわせて確認が必要になってきます。

        場合によっては、インターネット上から
        申し込みをすること
        が出来ても、
        携帯電話からは申し込みをすることが
        出来ないこともあります。
        ホームページがパソコン対応のもののみなど、
        サービスが違うからなんです。

        まずは利用が出来る場所を確認をして、
        自分が借りたいと思っている金額を
        借りることが出来るのか調べる。
        との流れで手続きをしていくのがスムーズかと思います。
        数多く会社がありますので注意をしましょう。

        低金利 借りるメリットが満載

        0
          低金利、ゼロ金利
          ということが言われてからだいぶ時間が経ちました。
          この低金利時代に、預金をたくさん持っている人は、
          預金通帳を見てはため息かもしれませんね。
          でも、もし、
          あなたがこれからなんらかの理由で
          お金を借りたいと思っているのであれば、
          低金利 借りるメリットが満載だ
          ということを再認識されることとなるでしょう。
          低金利時代であれば、これまで高い利息で長期ローン、
          たとえば住宅ローンを借りているような方も、借り換えすれば、
          それだけで融資の額や返済期間をぐっと圧縮できるようになります。

          そうです。このような低金利時代は、
          まさに借りるという行為が賢い選択なんですよね。
          我が家も、この低金利の利益を享受したいと思って、
          不動産のチラシを最近真剣に眺めるようになってきました。
          消費税もアップすることが決まったようですので、そういう意味でも、
          今はマイホームが買いの時期なのかな?
          と思っているのです。

          この低金利時代を、賢く活用する。
          そのためには、必要な融資がある人は、今がチャンス
          ということではないでしょうか?これから、
          融資を検討しているすべての方に向けて、
          お得情報を発信させていただきますね。
          この情報を読んでいただいている方のご参考にしていただければ幸いです。

          良心的な融資事業者の見極め方

          0
            良心的な融資事業者の見極め方のポイントとなるのは貸金業登録番号です。
            この番号の見方を知ることで、
            営業年数など信頼に関する情報を把握することができます。

            貸金業を行う場合は必ず業者登録をしなければいけません。
            登録を行うと、前述した番号が割り当てられます。

            この番号は3年に1度更新することが義務付けられています。
            番号は、何々県知事(数字)数字、と言った形式が取られており、
            注目するべきは括弧内の数字です。
            括弧内には登録更新回数が割り当てられます。
            登録時は1となり、次の更新時期である3年後には2、
            さらに3年後には3といった具合です。

            数字が大きいほど営業年数が長いことを表すため、
            良心的な融資事業者の見極めに役立ちます。
            良心的でない融資事業者であれば長年貸金業を営むことは難しいからです。

            番号はインターネット上のサイトで検索することによって確認することも大切です。
            既に廃業した業者の登録番号を使用し、
            登録業者を装って活動する悪徳業者がいた事実があるからです。
            登録番号の他にも商号や電話番号も検索してみることをおすすめします。

            何らかの悪い情報があればその時に知ることができるからです。
            また違法業者情報をまとめたサイトも存在しますので、
            登録番号などの情報とインターネットを駆使して調べるのが最善策だと言えます。

            アルバイトで100万借りる審査基準

            0
              アルバイトで100万を借りるには、
              ローン会社の審査基準はより厳しいものになることを覚悟しなければなりません。
               総量規制
              という法律があるため、年収の3分の1までしか、
              基本的にお金を借りることができません。

               つまり、アルバイトと100万借りるには、年収が300万以上なければ、
              100万融資してもらえないのです。
               もちろんアルバイトにもいろいろとありますので、
              高収入のアルバイトならば、融資は可能ということになります。

               金融会社によっては、収入証明証があれば、
              理論的にはアルバイトでも100万借りることは可能ということになります。
               銀行のローンならば、審査は厳しいですが、消費者金融系ならば、
              審査が通る可能性も高いでしょう。

               またローン会社に初めて申し込む場合、
              利用実績、返済実績が融資をする判断基準となるので、
              最初から100万は難しいでしょう。

              もし、利用実績、返済実績があり、
              300万以上のアルバイト収入があるのならば、
              100万の融資を借りることは可能です。

               他にも、連帯保証人をつける、担保をつけるなど条件次第で、
              アルバイトでも100万を借りることは可能となります。

               返済能力があるかどうかは、信用情報機関へ照会され、
              審査に通過すれば、アルバイトでもお金を借りることは可能です。

              グランドホステスの給料

              0
                グランドホステスといいますと、
                空港などで働いているスタッフの事を言います。
                空港などに行きますとよく見かけるのではないでしょうか。
                ただし、グランドホステスの給料は一般的にはかなり安いです。

                それには理由がありまして、
                いわゆる正社員ではないことがほとんどであるからです。
                グランドホステスにつきましては、契約社員や派遣社員が多い
                という特徴があります。
                ですので、給料としましてはあまり期待できないのです。

                そのグランドホステスなのですが。
                消費者金融などからお金を借りるということもあるでしょう。
                それだけお給料が安い
                ということもありますので、
                生活費等で足りなくなってしまうことがあります。

                ただし、前記したようにお給料が安いという面と、正社員ではない方が多い
                ということで、ちょっと評価のほうが下がってしまっています。
                もちろん借りられないこともありませんが、大きな額の融資は難しい
                というわけなのです。

                グランドホステスですが、非正規社員が多いというわけなのですが、
                正社員になれないわけではありません。

                狭き門ですが、空港会社などに勤めることが可能になっています。
                そういった方向性を目指してみるといいでしょう。
                安定したお給料が期待できます。

                銀行から上手にお金を借りる方法

                0
                  人間生きて行くうちに、
                  何度借金をするのか考えたことはありますか?

                  普通のサラリーマンですと考えられることといえば、
                  家のローンと、車のローン程度でしょうか。
                  離婚協議などで慰謝料を銀行からの借金で払うと言うのは、
                  滅多にないことと思います。

                  とやかく言っている私も今、銀行からの借金をしている人間です。
                  家のローンと車のローンの二つをしています。

                  銀行も貸す時は、良い顔をするのです。
                  しかし支払いが滞ることがあった場合、その顔が変わってしまうでしょう。
                  そして一度でも変った時は、二度と元の顔には戻らないのです。

                  そんなことから、銀行から借金をする時は、
                  余裕を持っての返済を考えると良いと思います。
                  例えば、給料が上がると計算してローンを組む
                  という愚かな考えからローンを組む人が実際いるのですこれはとても危険な兆候と思います。

                  給料が上がる、そんな保証はどこにもないのです。
                  自分勝手な想像で、ローンを組んではダメです。

                  家のローン、つまり借金はフラット35のようなスタイルで組むとか、
                  無理のない支払い方法を考えるべきなのです。

                  また家もいつまでも新しい訳では、ないのです。
                  10年も住めばリフォームも考える時代が来ます。
                  また追加のお金を借りることにもなってしまうことも起きるのです。

                  そんなことを考えながら、銀行さんと上手に付き合う方法を考えましょう。

                  カードローンの金利計算

                  0
                    カードローンの金利計算は、
                    カードローンでお金をキャッシングした日から日割り計算された金利が掛かって来ます。

                    具体的に言いますと、月初めの5日に返済金利15パーセントのカードローンで、
                    30000円をキャッシングした場合の翌月一括払いでの金利は750円となります。
                    これが中旬の15日に30000円をキャッシングした場合の金利は627円となり、
                    月末の30日にキャッシングした場合の金利は442円と変わって行きます。

                    月初めにキャッシングするよりも、
                    月末にキャッシングすればするほど金利は安くなって行きます。

                    これはキャッシングした日から金利が発生しているため、
                    キャッシングした日によって金利が日割り計算され、
                    金利が変わってくるのです。

                    簡単に言いますと、カードローンを使ってお金をキャッシングする場合は、
                    月初めにキャッシングするよりも月末にキャッシングする方が金利は安くなるのです。

                    これは要するに月初めにキャッシングしますと返済期間がそれだけ長くなりますので、
                    返済期間が短い月末にキャッシングする方が日割り計算で金利が安くなるように算出されているのです。

                    以上のような仕組みでカードローンの金利計算は行われています。

                    審査のゆるい消費者金融

                    0
                      金融機関からの融資を受けるためには、融資の審査に通る必要があります。
                      融資の審査の難易度は、金融機関によって異なっています。

                      一般的には金利が低くて審査に時間がかかる金融機関ほど、
                      融資の審査は厳しくなっています。

                      逆に貸付金利が高い金融機関は審査がゆるいと言われており、
                      代表としてあげられるのが消費者金融などの貸金業者です。
                      消費者金融は、金利が高く設定されています。

                      しかしその反面、融資の審査は簡略化されており通りやすくなっています。

                      消費者金融の会社によって、審査の難易度にも違いがあります。
                      特に銀行業界に参入している大手の消費者金融は、
                      現在では銀行系消費者金融と呼ばれるようになってきており、
                      以前とは異なった融資を行うようになっています。

                      銀行系消費者金融は消費者金融と銀行の中間のような内容の融資を
                      行うようになっているので、
                      審査は必ずしもゆるいとは言えなくなっています。

                      審査のゆるい消費者金融を求めているのであれば、
                      専業系消費者金融と呼ばれている会社の中から選択するべきでしょう。